プレイヤーは東インド会社の保険金捜査官となり、数年前に消息を絶った後、突然戻ってきた幽霊船「オブラ・ディン号」を捜査し乗客たちの辿った運命を推理していく。 の帰還』というタイトルで知っている方もいるかもし … 任天堂の公式オンラインストア。「Return of the Obra Dinn ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。 こったのか調査します。 調査の要となるのは、奇妙な懐中時計。 この懐中時計を使うと、死者の最後の瞬間に戻ることができます。 現在約-人が見ています。 Dinn(オブラ・ディン号の帰還)』の隠しトロフィーの取り方をまとめました。, 『オブラ・ディン号の帰還』のトロフィーのほとんどは乗員乗客の身元と安否を突き止めることで獲得できますが、60人分の解明を終えても取れないトロフィーが2つあります。, トロフィー「犯人は船長」は、主人公がオブラディン号を離れるまでに手記を以下のように埋めると獲得できます。, トロフィー「職務放棄」は「犯人は船長」とほぼ同時に取得可能で、「犯人は船長」を取ったあとゲームを最後まで進めれば出てきます。, トロフィー「犯人は船長」は60人の安否特定と同時進行できないため、プラチナトロフィーを取るためには最低でもゲームを2周する必要があります。, が、身元も死因も空欄のまま残留思念を全部見たあとにデータをコピーすればほぼ1周でトロコン可能。まあ、そんな用意周到にこのゲームを始める人はあまりいないと思いますが。, 何にせよ、「犯人は船長」のトロフィーを取るための作業は残留思念を一通り見て手記を埋めるだけなので、2時間ちょっとで達成できます。, 嵐が来てオブラディン号を離れられるようになったら、その時点で記入可能な58人の情報を埋めていきます。, 最初でも最後でもいつでもいいですが、船長の身元と安否を正しく記入します(ロバート・ウィッテレル船長、銃で自殺)。, そのあと、ほかの57人の死因を埋めていきます。ほかの57人というのは三等航海士と船長付き司厨手以外の人物です。, 殺害方法が何でもいいということで、私は1周目で使う機会がなかった捕食を選びました。, 手記の送り主で生存が明らかなヘンリー・エバンズも船長に食い殺されたことに。これはエバンズ先生の絶望も致し方なし。, 損害査定書のロバート・ウィッテレル船長の項目に「安否:自殺、銃」「乗組員の殺害(57)」とあれば条件を満たせているはずです。, 普通にプレイするのはもちろん面白かったですが、ひたすら船長に濡れ衣を重ね着させる「犯人は船長」コースもなかなか楽しかったです。「犯人は二等航海士」バージョンもあればよかったのに。, イギリス滞在経験あり。元フォワーダー業界勤務。吹奏楽経験者。英検1級取得者。ひらがなをドラクエで覚え、青春をFFと過ごしたゲーマー。, 各商品名は各社の登録商標または商標です。各著作物の著作権は各著作権者に帰属します。. 任天堂の公式情報番組『Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)』の情報をひとまとめにして掲載。発売日一覧では「Nintendo Direct 2019.9.5」に登場したゲームタイトルの発売日をまとめてチェックできます。  インディーミステリーアドベンチャーの名作。手ごたえのある謎解きゲームがやりたい人にはぜひ手にとってもらいたい。, *1 このゲームで重要なのは謎解きであり、探索要素のストレスは最低限となっている。, *2 一応、他者からの能動的な転落行為は溺死、揺れなど偶発的な要因による転落は転落と言う基準があるが、直接的な死因としてはどちらも溺死であるため、一度答え合わせが発生しないと両者の差に気がつけない。, 主人公は乗員の遺族に渡す保険金算定のためにオブラ・ディン号に乗り込んだ捜査官。正確な保険金の資料作成のためには船に乗っていた乗員・乗客60名全員の身元と安否を特定しなければならない。, プレイヤーは「メメント・モーテム」という不思議な懐中時計を使って、死体となった人物の最期の瞬間の光景を見ることができる。ゲームの最終目的はこの懐中時計を駆使して、人物の外見(スケッチ)と名前、死因を一致させ、オブラ・ディン号で起きた惨劇の記録である手記を完成させること。, 死亡直前の数秒間の会話も同時に再生されるが、直接登場人物の名前が呼ばれることは稀。そのためプレイヤーは、登場人物の服装、国籍、船員番号、などさまざまな情報を組み合わせて人物の特定を進めていく。乗員の中には最期の瞬間が明確に描かれず前後の流れで死因を推測する必要があるものや、公式に「消去法でしか特定できない」と明言されているキャラクターもいる。, 身元及び死因が正しく書き込まれた人数が3人増えるごとに情報確定の演出が挿入される。, 身元は最初の段階で全員分記入可能だが、確定する情報が出ていない段階ではまだ判別不可能という注意書きが表示される。既存の情報で身元の判明が可能になった人物はその注意書きが出なくなり、スケッチの顔がハッキリと表示されるようになる。, ある人物の死の瞬間の場面に他者の死体があった場合、その死体から別の死の瞬間にリンクすることができ、それを辿ることで見ることの出来る場面が連鎖的に増えていく。, このリンクは自動で行われるため、「死の瞬間の中をリンクを探して歩き回る」と言う面倒な作業を行う必要がない。, 古き良きコンピュータアドベンチャーゲームへのリスペクトを込めた白と黒1bitのグラフィック。2つ以外の色は使わずグラデーションや影も白黒だけで表現している。, デフォルトはMacintosh風であるが、オプションからIBMやZenith、Commodore、LCDなど、様々なレトロPC風のグラフィックに変更することも可能。, 最期の瞬間の会話において直接登場人物の名前が出てくることは少ないため、過去の光景や乗員名簿などの資料をヒントに一人ひとり推理していくことになる。, 基本的にはヒントは素直なものだが、たまにミスディレクションがある。最期の光景をしっかり見ないと死因を誤ることも。, 過去の映像を見るたびに特定可能な人物のスケッチがハッキリ表示されるようになるという仕様はあるが、推理する順番はプレイヤーの自由。全ての過去の映像を見た後に推理を開始してもいいし、まだ特定不可能な人物を決め打ちで推理することもできる。, 3人ずつの情報確定仕様もある種の救済措置になっており、これにより多少適当でも推理を進めることができちょうどいい難易度になっている。, 「最期の光景」で映し出される静止した景色は迫力と同時に美しさもあり、アートとしても評価されている。, 過去の光景の中で人物に視点を合わせると背景に自動的に人物のスケッチが現れたり、手記の中で特定の人物が登場する回想すべてにブックマークを挟む機能があるなど、推理を助ける機能が充実している。60人分の推理は大変だが、これらの機能のおかげで煩わしさは少ない。, 死の瞬間のシーンは、初めて開いた時は時間経過で自動的に一度終了し、手帳にサマリーが書き込まれる。, この際、死亡した人物の詳細を手帳に書き込めるのはサマリーが自動で書き込まれた後のため、早く書き込みたい時でも時間経過を待つ必要がある。, また、死の瞬間のリンクはサマリーが書き込まれた後に手帳を閉じると自動的に発生し他の場所に強制移動させられるため、死の瞬間の中で見落とした・もう少し確認したい場面があってもしばらく戻ることができない。, 手帳への記入を無理にいそがず、見ることができる死の瞬間を増やしていく方がゲーム的に有利であるが、場面場面で立ち止まってじっくり考えたい派のプレイヤーにとってはやきもきさせられる要素となっている。, 死の場面だけでは判りづらいが前後の場面から推測しやすい「ナイフによる殺害」はともかく、「溺死」と「船外への転落」の違い, 公式として「使える知識は全て使う」(ゲーム外で仕入れた知識も含む。ただしゲームそのもののネタバレは除く)ことが推奨されている以上、ゲームシステムそのものを推理に組み込むのはゲームデザインとして想定されていると思われ、コンピュータゲームならではの新しい試みではある。, 一部のキャラクターの死因は白黒のグラフィックのせいでわかりにくいものがある。特に「焼死」の炎のエフェクトが分かりづらい。, 最終的に60人全員の安否は明らかになるが、事件の原因となった奇妙な宝物の正体や、それによって呼び出された化物、プレイヤーが使うメメント・モーテムの出自などは明らかにされない。主人公はあくまで保険調査官なのでそこは本来の目的ではないということなのかもしれないが、消化不良を感じる人も。, ある国の伝統的タトゥーについて知らないと特定できない人物が存在し、序盤で特定可能になるにもかかわらず、タトゥーの知識がないと判別不可能。あからさまに目立つタトゥーを全身に入れている為、「どこかしら他の人間と違う国の出身」までは絞れなくはないが、そこまで行っても何択かで自動穴埋めに頼るか、終盤まで残って消去法で当てるかになってしまう。, 恐らく、大抵の人は残った1つの実績の解除に四苦八苦することになる。フルオートセーブのため、途中セーブを残しておいて条件を試行錯誤することができないので、ネタバレなしで実績解除にこだわる人は不毛な周回プレイをそれなりに繰り返すことになるだろう。, 通常プレイではありえない結末を迎える必要があり、ゲーム本編の謎にはまったく係わらないお遊び要素なので、ここだけはスポイラーもやむなしと割り切っても良いだろう。. の帰還【ゆうしゃ】 2,381 回視聴 #9【実況】16連打のあの人…偽物やった模様【ゲームセンター倶楽部・カイロソフト】 」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。 そして今日、1807å¹´10月14日早朝のこと。 Nintendo Switch版「Return of the Obra Dinn」を購入しました☆. Swichの新作情報を見てからリリースを楽しみに待っていた「Return of the Obra Dinn(リターン・オブ・ザ・オブラ・ディン)」が、2019å¹´10月18日についに配信! All trademarks, registered trademarks and copyrights are the properties of their respective owners. Please』作者による新作が10月18日にいよいよ配信 の最期に秘められた謎を追え。『Papers. 総ページ数74832020-12-05 23:14:20 (Sat), 入国審査官ゲーム「Papers,Please」で複数の賞を受賞したゲームクリエイターLucas Popeによる2作目の商業作品。発売当初から独特の雰囲気と緻密なゲームデザインによりSteamで高い評価を得た。 」の乗員の安否を探っていく推理アドベンチャーゲームです。 更新順にページ一覧表示 | 作成順にページ一覧表示 | ページ名順にページ一覧表示 |, 合計 - ャットアウトして、なんとか自力で60人全員の安否を解明できた。クリアまで10時間。とても素晴らしいゲーム体験だった。 死者の最期の瞬間を見ることができる懐中時計を駆使して、乗員の死因を解明するミステリーアドベンチャー『Return of the Obra Dinn』の国内PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ版が配信開始されました。本作は、2018年にPC向けに発売されたゲームで、特徴的なグラフィック、音楽が印象的です。 謎解きミステリーアドベンチャーゲーム『Return of the Obra 1 : 2020/09/25(金)11:21:24 ID:PRsHRlfG0 さっきから見てるんやが つまらなそうなインディーゲーばっかりで萎えるわ 今日 - の帰還)に登場する乗客・乗員60名の人物考察ガイドです。考察記事の補完としてお楽しみください。身元・死因の特定方法も軽く掲載しているので参考までに。 を調べて乗員乗客60人の身元と安否を特定していく。 に乗りこむ。 死者の思いを感じる懐中時計「メメント・モーテム」を使い、全員の名前と死因を特定するのが目的だ。 」が、ロンドンから東方に向けて出港した。その6か月後、同船は予定されていた喜望峰への到達を果たさず、消息不明扱いとなった。brbrそして今日、1807å¹´10月14日早朝のこと。 が辿った数奇な運命を解き明かしていく、一人称視点の推理アドベンチャーゲームだった の帰港やりたい。 ジャイロ(@gyro_rsr) - 2019/09 @s4091211 すちむでも勿論取り扱いあるし、スイッチでも近々配信されるらしいぞい。  グラフィックのせいで分かりにくい部分や、ちょっとしたミスディレクションもあるが、3人ごとに答え合わせするシステムのおかげで多少ゴリ押しでもクリアできる絶妙な難易度になっている。 開発コンセプトの中心に古き良きコンピューターアドベンチャーゲームへのリスペクトがあり、白と黒の「1bit」で表現したグラフィックが特徴的。, プレイヤー自ら手掛かりを集め、資料を見比べながら人物を特定していくゲームプレイは自分が本当に探偵(保険捜査官)になったような没入感がある。60人分の安否を推理するというと難しそうに思えるが、数ある補助機能のおかげで煩わしさは少なく、出されるヒントも一部のミスディレクションを除けばフェアなものばかり。ちょっとした気づきで複数人分の手がかりを一度に得たり、一人の安否特定から連鎖的に人物の特定が進む快感もある。 今回は、switch、ps4、pc、ios、androidの5つのプラットフォームで展開される、ドラマとゲームが融合したDeath Come True(デスカムトゥルー)をレビューします。価格はスイッチで1960円。クリア時間はおおよそ2時間ほど。エンディングまで到達した感想、レビュー、評価になります。 スポンサードリンク. の帰還) オス… スタッフブログ 2019.1.4 売った本の趣味に気になる? スタッフブログ 2019.1.2  登場人物の死の瞬間の光景は「3Dの絵画」とも評され、迫力と美しさを兼ねたグラフィックは必見。 ¯ã‚’推理 古典コンピューターゲームリスペクトの白黒「1ビット」グラフィック 備考 … の帰還の再生リスト→ https://bit.ly/33bgmLM ジャンルはミステリーで推理系です。 「papers please」という神ゲーを作った方が作った … 昨日 - の帰還』には普通にクリアしただけでは取れない隠しトロフィーが2つあります。本記事では隠しトロフィーの取得方法と手順をまとめました。攻略の参考になれば幸いです。
2020 オブラディン号の帰還 ps4 トロフィー